• 263月
    Categories: Exhibition Comments: 0

    中西玲人 アメリカ大使館文化担当官補佐

    人には心地よい緊張感を感じる瞬間がある。
    人前にでる直前の緊張感、神社仏閣や教会などの静寂に内包される緊張感。
    「緊張感」は生き物ではない、ただ人心によって創り出される。
    他者やモノの存在を意識する事で、または感覚的に催す、絶対的に尺度に属さない「何か」の
    作用によって。

    藤原の作品における水面下の蓮茎が幾何学的な規律を創出する表層部分は、
    近代的な奥行きを持つ描写ではなく、むしろ天体の動きなど自然界の法則を空間に取り入れる
    原始宗教にも似た感覚を喚起させ、「安心」と「不安」が見事に混在する平衡状態を構成する。
    本来あるはずの蓮の葉花は意図的に排除され、人の深層心理を映し出す様に水面下の生命を紡いでいる。
    確実に存在するその生命を。

    ギリシャ語で「合図」や「呼吸」そして古くは「精霊」をも意味するNeuma(古代ギリシャ語:pneuma)
    と題された本展には、無論中世ヨーロッパの楽譜としてのNeumaも包含されており、
    藤原作品と鑑賞者の呼応そしてリズム、または作品同士が生み出す視覚的旋律を示唆している様にも見える。
    同様に、この「ネウマ譜」には視覚芸術で言うコラージュ法がその特徴に見受けられ、
    ここにも作家による聴覚的観察と視覚的なそれの対比・調和を観てとる事ができる。

    上述した「何か」を対象物や現象に看取するのではなく、内的に秘められた心象が変容させる眼前の風景を
    切り取り、積み重ねることで画角を構成していく技法自体は旧来のメソッドに帰依する反面、
    本展内に生み出される作品において、セルフポートレイトとも介錯できるその斬新な震度と強度は、
    巨大な天災と人災を経た日本に生まれつつある新しい共通項を、
    作家が大胆なまでに体現しているところに起因しているかも知れない。

    緊張と安寧が生み出す二律背反の世界、今日はじっくり美浴する。

    Pneumatic Thoughts

    Akihito Nakanishi (U.S. Embassy, Tokyo)

    There are moments when one feels a comfortable tension within.

    Tensions experienced immediately before facing a crowd and those
    connoted in sacred domains such as shrines and temples are prime examples and yet, are not creatures on their own.

    They are created by human psyche, either by recognizing extrinsic beings other than oneself, or an act of “something” sensory that does not belong to any absolute yard-sticks.

    The surfaces of Fujiwara’s works depicting underwater lotus stems in geometric posture are not a simple sketch with a modern perspective depth, but rather, it is more akin to an illustration of celestial motions and other natural bodies observed in primitive religions, constituting a graceful interplay of peace and anxiety.
    With the purposely cut-out flowers and leaves that make up the botanical entirety, the photo works seem to capture the very genesis of life itself to explore the deep psyche of humanity.

    Entitled “Nuema”, that in Greek (ancient Greek: pneuma) signifies “wind” and “breathe” stemming from “Soul and/or Spirit” in ancient terms, the exhibition symbolizes Neuma as in a group of musical notes to be sung, and appears to indicate the metaphysical dialogue between the spectator and works, creating multiple visual rhythms across the exhibition room. Similarly, the notion of medieval Neuma score contrasts vividly with Fujiwara’s visual experimentations of collaged memories as the score is typically performed through phonetic collages of different notes.

    While the collage technique per se of camera snippets of emotional scenery, rather than of straight observations of subject matters or
    phenomena, can be seen as belonging to the conventional methodology, the almost portrait-like quality, depth and intensity embodied
    throughout the show represent a new realm of artistic faith being created through the traumatic experiences of the 3/11 disasters.

    Without further ado, off we go, to an ideological equilibrium of tension and peace.

  • 143月
    Categories: Exhibition Comments: 0

    エモン・フォトギャラリー
    ディレクター 小松整司

    自然界の幾何学的な法則の中に視た「美」と「理」。

    2000年以降フランスを拠点に創作活動を行ってきたフォトアーティスト藤原更。独特の世界観を示す最新作『Neuma』は、東京で初めてのエキシビションとなった。
    Neumaとは、中世の聖歌などの記譜に使われた記号のこと。タイトルから伺えるように、情報を削ぎ落とし事物を記号化して見るアプローチは興味深い。
    藤原はこんこんと湧く源泉や複雑に交差する植物の連続性などに眼を向け、同時に自分の記憶を重ね合わせていく。
    視る。そして自身との対話。抑制を利かせた彼女の写真は、自然の摂理の中に「美」或いは「理」の顕現を知る行為として、いつどんなときにも変わらない物事の筋道を知るための彼女独特の表現方法なのである。
    写真は目の前に現れた現実を切り取る行為だ。藤原もセオリーに基づいて大判インスタントフィルムで写し、加工もしないリアルタイムな制作方法をとっている。作品『Neuma』のトーンは柔らかで一見抽象絵画と見まごうが、実はが、実は紛れもないストレートフォト。やわらかな色彩のこれら作品の中には、すべての事物はその理論によってのみ存在し、そこには一片のポエジーも介在させないほどの強さがある。今日の情勢には蜜のような甘いポエトリーは受け入れ難く、むしろ自然を自然たらしめるものとは何か?私たちにとってそのことの方がずっと重要な関心ごとだということを、藤原は確信しているようである。

    「記憶」をテーマに自然を「記録」した藤原更の意欲作『Neuma』。記憶は時間の経過とともに都合よく変化しやがて怪物に成り得ることもあるだろう。そうだとすると記録とは、藤原にとって自分自身を映し出す鏡そのものである。
     

    NEUMA: “BEAUTY” AND “ORDER” OBSERVED THROUGH THE GEOMETRIC LAW OF NATURE

    Since 2000, photo artist Sarah Fujiwara has been working setting base in France. Fujiwara’s newest work, Neuma, displaying an original view, has become her first exhibition in Tokyo.
    Neuma is a symbol used in the medieval hymn. As it is noticeable from the title, chipping off information and observing the object by symbolizing it is an interesting approach. Fujiwara shifts her attention to the source gushing out abundantly and the intersecting continuity of plants, simultaneously, casts her own memories to them. To see, and a conversation within the self; this controlled photography is her own method of expression to understand the unchanging state of matter and the manifestation of “Beauty” and “Order”.
    A photograph is an act of clipping out the reality that is in one’s sight. Fujiwara, following this theory as well, chooses her method of creation to be shooting with an large-format instant film with no manipulation. The soft tone of the work, Neuma, could be seen as abstract art. This, however, is an
    undoubted straight photo. With the soft tone of the work itself, Fujiwara’s work has also strength to show that every matter exists only by its theory, and there is no room for poetry.
    A poetry sweet like honey is more unaccepted in today’s general context. If anything, what is it that makes nature as nature itself? Fujiwara seems to firmly believe that this by far is a greater concern for us.

    Neuma is her ambitious work which “Record” nature under the theme of “Memory”. Memory, with the passage of time, may change to suit our convenience and finally someday, it could morph into a monster. If that is the case, memory is a mirror that reflects Fujiwara herself.

    2012.02 EMON PHOTO GALLERY
    Director, Seiji Komatsu